HOME  >> 技術情報 >> 開発技術 >> グラウト充填探査システム
   
開発技術
  ス-パープレテンション橋
  グラウト充填探査システム
  お問い合わせ先  
 営業企画グループ(上田孝明)
 電 話:0770-22-1400 (代表)
 メール:eigyo@nipponps.co.jp
 
グラウト充填探査システム
電磁波レーダーと広帯域超音波法による非破壊グラウト充填探査システム
          概 要          
   
 グラウト充填探査システムは、広帯域超音波法を用いてPC橋のグラウト充填探査を行う技術です。広帯域超音波法は、通常の超音波よりも広い帯域(2.5kHz~1MHz)の超音波を用いたものです。
広帯域超音波法によるグラウト充填探査は、コンクリート上に探触子を配置し、シースからの反射波を受信します。その波の特性値の差でグラウトの充填を判定します。
   
          システムの適用条件          
 PCグラウト充填調査の精度は、隣接するPCケーブルや鉄筋からの妨害波の影響が関係します。したがって調査対象PCケーブルのシースの径、かぶり厚、配置間隔および鉄筋配置間隔について適用条件表に適合することを確認します。
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
                                                                           
          特 徴          
   ● 探査可能範囲の拡大
      ・足場の設置が困難な橋梁でも主けた内部(箱けたの場合)からのグラウト探査が可能。
       また、部材厚450mm(従来のX線調査による透過限界)以上の箇所での探査が可能。
   ● 安全性の向上
      ・人体に影響の無い広帯域超音波の使用により安全性が向上
   ● コスト縮減
      ・充填探査に要する時間の短縮や作業足場設置面積の縮減に伴うコスト縮減が可能
   ● 作業効率の向上
      ・充填探査に要する時間の短縮に伴い、1日に20~25箇所程度のグラウト探査が可能
 
          グラウト充填探査の流れ          
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
                                                                       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
Copyright(C) 1999-2014 NIPPON P.S CO.,LTD. All Right Reserved